賃貸住宅のメリット

よく「家賃で家が買える」と不動産会社が家を販売するときに言うセリフがありますが、最近では出ていく費用はどちらも同じくらいという結果が出ています。
ただ、キャッシュで買った場合はどうなのか。
殆どの人が35年めいいっぱいのローンを使うと思います。
頭金を入れない場合、もしくは少しだけ入れた場合だと、総支払額は家の本体価格とほぼ同額に近いものになるとなると思います。
キャッシュで買った場合はローン金利分の余計な支出を抑えることができます。
かかる費用は固定資産税と家のメンテナンス料くらいでしょう。
キャッシュで払った場合の比較と賃貸ではどうなのか。
その場合は賃貸の方が人生において総支払額は多くなりそうな気がしますが、すぐに引越せるというメリットがあります。
たとえば、隣にすごく迷惑な人がいた場合。
引っ越し費用と転居先の保証金を用意するだけで動くことができます。
また、天災、事故などで家に瑕疵がついた場合も居続けるかどうか悩むことなく動くことができます。
しかも賃貸住宅の場合、基本的に大家に家の修理義務があるため、管理会社に電話一本で直しにかけつけてもらうことができます。
賃貸にしても分譲にしても、どんな形にせよどこかに住む以上、なんらかの形で費用は発生します。
物件に対してローンを含めどこまで責任を負えるのか、「持つ」ということ自体が人生を縛っていないか、賃貸はそういった意味ではとても気楽であると思います。

増税前に家を購入した人が多いせいか、犬の散歩をしていると最近急に空き地に「分譲済」の看板が立っているのを見かける様になりました。
 そういう私も2年前に一軒家を購入した口です。一生に一度の買い物を後悔しない為に、2年経って出てきた良し悪しを話したいと思います。
 これまで夫は、賃貸を転々としてきていました。賃貸の場合、憧れの街や、最新の部屋に住み替える事が出来、その部屋に飽きたり、下の部屋の人から物音の苦情を言われて嫌になって引っ越したりと気楽な生活が出来ます。
ですが、毎月の家賃の支払いが発生する割に自分の資産になる訳ではないし、敷金礼金で引っ越し貧乏になってしまいます。
 結婚を機に一軒家を購入した我が家。ローンを組んだのでもう逃げられず、何事にも「やるしかない」という覚悟が出来ます。
自分の家ですから、インテリアや家具にも凝って、DIYを施しても賃貸の様に大家から怒られるという事はありません。
 建売を購入したのですが、失敗したなと感じたのは収納が少ない事です。窓の配置などから棚を置ける位置は制限が出てきますので、ウォークインクローゼットや屋根裏収納等、収納スペースが十分確保されているか・棚が置けるかの確認が大事です。
 また、購入する家の周りの治安も重要です。
自治会に入り、そこで一生生活をしていかなくてはいけないので、一斉に建売をしていて、若い世代が購入する家なら問題ないですが、古くから住んでいる家の中に自分だけ家を買う場合などは「よそ者がやってきた」という感じで偉そうにされて苦労します。

外部サイト

けん引合宿へ行きたいなら:免許Z
工場の求人で働くなら:グッジョブナビ
不動産担保融資のことなら:リュウプランニング
日本ソフトウェアデザイン
貸事務所大阪なら:ビルナビ

サブコンテンツ

このページの先頭へ